amzn_assoc_ad_type = "link_enhancement_widget"; amzn_assoc_tracking_id = "cheeeehonz-22"; amzn_assoc_placement = ""; amzn_assoc_marketplace = "amazon"; amzn_assoc_region = "JP";

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジェットミッション

ありとあらゆる情報に挑む,ガジェットブログ

【購入者必見】auショップでiPhone6s/iPhone6s plusを買うなら準備しておきたい6つのこと!

モバイル/通信 モバイル/通信-au

【購入者必見】auショップでiPhone6s/iPhone6s plusを買うなら準備しておきたい6つのこと!


auでiPhone6s/iPhone6s plusを買う方に是非読んでほしい記事です。勿論、各キャリア共通している部分もありますので参考にして頂くといいと思います。既にiPhone6s/iPhone6s plusの予約がスタートして予約完了した方は次にいよいよ購入というステップに入ります。ショップで直接買う方はできるスムーズにiPhoneを手に入れて帰りたいですよね!
少しでもスムーズに手続きを終えるのには事前に準備しておくことは非常に重要です。
ココに記載する内容は当たり前かもしれませんが、一度確認しておきましょう。
少しでもお役に立てれば光栄です。


目次

1.本人確認書類の準備
2.事前にデータのバックアップを済ませる
3.料金プランの確認
4.事前登録できるところは済ませておく
5.下取りをするスマホに水没反応、画面割れがないかを確認する
6.MNP(乗り換え)を行う場合は、事前に予約番号を発行する

1.本人確認書類の準備

本人確認書類を準備!
仮に機種変更でも本人確認書類は必要。
勿論、色々条件があるので事前に手続きに必要な書類を確認しとおくといい。また未成年が分割を組む場合や自分が仕事で行けない場合家族に代理で頼んだりする時も必要書類が異なるので必ず確認した方がいい。
iPhone6s/iPhone6s plusの発売日は、9月25日金曜日ということもあり、自分が行けないから代わりに家族に行ってもらおうと考えている人は要注意。

またMNP(乗り換え)を予定している方は、本人確認書類の他にキャッシュカードやクレジットカードが必要になる。転出元の契約が本人じゃないと色々ややこしかったりするので念のため、現在の契約内容と乗り換え先で必要な書類については確認しておいたほうが無難です。

購入日いざショップで購入するぞってなった時に持ち物不足で契約できなくなることがないよう事前に確認すべきです。

2.事前にデータのバックアップを済ませる

大切なデータは自分で守る!
当然のことですが、実際はまだまだ
「ショップの人がやってくれるんでしょ?」
と思っている方も多いのでは?
例えば絶対に消したくないデータを
ショップの人が自分のやつをデータ移行してる途中にデータを誤って消してしまったらあなたはどう思いますか?

そんなリスクがあることを
ショップのお姉さんはやってくれません!
大切なデータならしっかり自分で守るべき。
「バックアップの仕方がわからない」は
スマホを持っているあなたには通用しません。

スマホを持っているなら自分で調べましょう
最近だと、同じ悩みを抱えた人が記事にしていたりするので分かりやすいです。
調べ方がわからないのであれば、
とりあえず、キーワード入れるのもあり。
例えば、「LINE バックアップ 方法」
これだけでも沢山出て来ます。

事前にデータをバックアップしておくことによって手続きはかなりスムーズになります。
最近は手続き時間が長くていや、スタッフが悪いなんて思う方もいるかもしれません。
ただ、一度見直してください。もしかしたら手続きを遅くしてるのは自分でないかということを、それでも手続きが遅いなスタッフが悪いですね。

とりあえず、事前にデータのバックアップは必ず取っておきましょう!

3.料金プランの確認

auでは事前にネットから料金プランを指定しておけるサービスがあります。ただ、料金プランにどういうのがあるかわからない。という方は、事前にショップに行っておくか、お客様センターに問い合わせおきましょう。

iPhone6s/iPhone6s plusに合わせて新料金プランや新キャンペーンなどかなり多く出ています。正直、わからないことだらけな人がほとんどだと思います。当日時間をかけて悩むよりは事前にしっかり料金プランの内容を確認しておいたほうがいいです。当日に不要なオプションだったり、急遽こういうのがあります!とか言われて勧められるがまま契約だけは絶対にしてはいけません。

4.事前登録できるところは済ませておく

先ほど、3でauは事前にネットから料金プランなどを入力できるということをお伝えしました。これを実際にネットからやっておきましょう。流れとしては、ショップ又はお客様センターで料金プランを確認後、ネットから事前に料金プランを入力しておきましょう。
当日料金プランが入力されていればさらにスムーズに手続きが済むので、ササッとiPhone6s/iPhone6s plusを受け取れます。
事前準備はこちらから↓
ご予約いただいたお客様へお知らせ|au

5.下取りをするスマホに水没反応、画面割れがないかを確認する

スマホを下取りに出すなら勿論、準備もしておきましょう。先ほど、事前にバックアップは取りましょうというお話をしましたが、下取りをするなら画面割れがないか、水没反応が出ていないかも確認しておきましょう。下取りは画面割れや水没反応が出ていると下取りしてくれない場合があります。最終的にはお店判断なので、一度ショップの人に見てもらうのがいいかもしれません。

6.MNP(乗り換え)を行う場合は、事前に予約番号を発行する

MNP乗り換えをする方は、100%用意しておきましょう。当日に準備することは勿論可能です。ですが、同じように考える方は多くいます。最悪の場合、繋がらなくてかなり時間がかかってしまったりします。その場合手続きがスムーズにいかなくなってしまうことがあります。なので、MNP予約番号は事前に取得しておきましょう。各キャリアのお客様センターから聞く方法もあれば、店頭で直接出してもらう方法もあります。ちなみに、その際違約金がかかるかかからないか、最終請求のことについてもしっかりと聞いておくのがいいと思います。追加で、転出手数料というのが取られますが、これについては各キャリア共通で2160円取られます。店頭で支払うものではないので、その場での支払いはありません。またMNP乗り換え後に発生する手数料になるのですぐに発生するものではありません。

ちなみにMNP予約番号は、取得から15日間は有効なので事前に準備することが可能です。勿論、発行自体にはお金はかかりません。ただし、15日間を過ぎると無効になるので再度取り直しになります。

まとめ

以上のことを再度確認しておくだけで、発売日当日スムーズに手続き終え、iPhone6s/iPhone6s plusをいち早く使えますね。勿論、当日は凄く混み合う可能性もあります。事前に、来店予約をしているお店もあるようなので一度予約をしたお店に確認してみるといいかもしれません。

正直、今回のiPhone6s/iPhone6s plusは去年よりも在庫が多いのではないかと思いますが、かなり競争率が高いのはやはりローズゴールドですかね。

こんな記事を書いていると早く欲しくてたまらなくなります。ただ、発売まではもう少しあるので我慢ですね。その間にしっかり事前準備をしておきましょう。

Copyright © 2016 TheGadgetMission All rights reserved.