amzn_assoc_ad_type = "link_enhancement_widget"; amzn_assoc_tracking_id = "cheeeehonz-22"; amzn_assoc_placement = ""; amzn_assoc_marketplace = "amazon"; amzn_assoc_region = "JP";

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジェットミッション

ありとあらゆる情報に挑む,ガジェットブログ

【docomo/au/SoftBank】各キャリアのiPhone保証サービスまとめ!

モバイル/通信 モバイル/通信-au モバイル/通信-docomo モバイル/通信-SoftBank

docomo/au/SoftBankのiPhone保証サービスまとめ!

[asin:B00NTOW14W:image:large]
次の新iPhoneがあと約2ヶ月後ですね。
「今年は、どこのキャリアのiPhoneを買おう?」
なんて考えている方もいるのではないでしょうか。
私も、現在考えている一人です。

そして、毎年悩むのがiPhoneの保証サービス!
各キャリアで用意されている保証サービスが意外とよくわからない!
毎年悩んでいるので、iPhoneの保証サービスについてまとめました。


各キャリア毎に見て行きましょう。


docomo

「ケータイ補償サービス for iPhone」と「AppleCare+ for iPhone」の二種類あります。
実は、内容が微妙に違います。また、注意点もあるのでdocomoで契約される場合は、最低限把握しておきましょう!


「ケータイ補償サービス for iPhone」

水濡れや破損に加え、紛失などのトラブル注意1を補償します。
お電話1本で1日~2日以内注意2に交換電話機(リフレッシュ品注意3)を直接お届けします。

1年間に2回まで端末交換を1回あたり7,500円(税抜)で、交換品が送られてきます。
月額料金は、600円(一部機種除く)。
こちらも二年間保証です。
水没、破損、紛失時に電話するだけでご自宅に交換機のiPhoneが届くのが魅力的。

下記が注意点。

注意ドコモの販売店以外(Apple Storeなど)で「AppleCare+ for iPhone」をご登録されたお客様は、その契約を継続したまま「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」にご加入になれますが、補償申込みを行い電話機を交換した場合、「Apple Care+」を含むApple社が提供する修理サービスがご利用になれない場合がありますのでご注意下さい。

実は「AppleCare+ for iPhone」にも加入されている方で、「ケータイ補償サービス for iPhone」を利用後、「AppleCare+ for iPhone」をApple Storeで交換対応を受けれなくなる場合があるそうです。なのでdocomoのiPhoneを購入される際には、どちらもではなくどちらかに絞った方がいいと思います。2つとも入るメリットはほぼない。

上記参照:ケータイ補償サービス for iPhone & iPad | iPhone | NTTドコモ


「AppleCare+ for iPhone」

AppleCare+ for iPhoneに加入すると、修理保証とテクニカルサポートがiPhoneの購入日から2年間に延長されます。
さらに、操作上の不慮の事故に対する修理などのサービスを、1回につき7,800円(税込)のサービス料で最大2回まで受けることができます。

上記参照:AppleCare+ for iPhone | iPhone | NTTドコモ
こちらも破損、水没には対応可能(2年間で最大2回。1回につき7,800円(税込)のサービス料で最大2回まで受けることができます)。紛失は、「ケータイ補償サービス for iPhone」と違い保証されていない。こちらもご自宅までは交換品を届けてくれる(エクスプレス交換サービス)。ただし、紛失時の保証サービスがないのは難点。テクニカルサポートが二年間無料はいいですね!
月額料金は、534円。
「ケータイ補償サービス for iPhone」と比べるとこちらの方が安い。

「ケータイ補償サービス for iPhone」と「AppleCare+ for iPhone」の大きな違いは紛失時の対応です。よくなくされる方は、「ケータイ補償サービス for iPhone」の方がいいのかもしれない。両方共入るのは、メリットがないのでやめましょう!
※解約は、ネットからも可能。

au

au のiPhone保証は、「AppleCare+」だけです。他の保証はオプションが用意されている。
紛失補償オプションとauスマートパスと連携して「iPhone/iPad修理代金サポート」を行っている。


「AppleCare+」

・iPhone本体、付属品(バッテリー、イヤフォンなど)の製品保証が2年間に延長されます。
(未加入の場合、iPhoneの購入日から1年間となります。)
・ソフトウェアの無償電話サポート期間が2年間に延長されます。
・破損、水漏れ時などの修理の際は、1回につき7,800円(税込)のサービス料で最大2回まで受けることができます。
※ iPhone 4s/5,iPadは4,400円(税込)×2回

上記参照:AppleCare+ | iPhoneの保証サービス | iPhone | au

月額料金は、550円(税抜)
破損、水漏れ時などの修理の際は、1回につき7,800円(税込)で二年間で2回まで使用可能。


「紛失補償オプション」

・紛失や盗難などが発生した際、iPhoneの再購入において、「再購入補償金」として23,148円をお支払いします。
★2014年4月1日以降
auのご契約が3年目以上のお客さま、及びそのご家族⇒さらに4,630円増額で【27,778円】をお支払いします

月額料金は、152円(税抜)+「AppleCare+」月額料金は、550円(税抜)=702円(税抜)
2つ合わせると月々の負担がおおくなってしまうのが注意点。
またdocomoの「ケータイ補償サービス for iPhone」とは違い、紛失時に手続きをすれば補償金が出るので次の機種購入に当てることができるというものなので、サービス的には「ケータイ補償サービス for iPhone」の方が内容がいい気がしますね。個人的には、auの紛失補償オプションが必要ない気がします。

※「AppleCare+」と「紛失補償オプション」の解約はショップでしかできないので注意が必要。
上記参照:紛失補償オプション(i) | サービス・エリア | iPhone | au

「auスマートパス」
月額料金は、372円(税抜)
iPhone故障(自損、水没)時の修理代金をサポートしてくれるサービス。
修理を行った場合、二年間で2回まで7800円(税抜)で修理できるが、auスマートパス加入者であれば実質0円で修理が可能になる。
しっかり月額料金がかかってくる。あまり落として破損したり、水没もない方なら恐らく必要ない。
「auスマートパス」は、他にもいろいろ使えたりするけど使うかどうかはあなた次第。

SoftBank

「あんしん保証パック(i)」と「あんしん保証パック(i)プラス」と「AppleCare+」の違い。
SoftBankは三種類あるので、内容はしっかり把握しよう!


「あんしん保証パック(i)」

故障や水濡れ、紛失などに役立つサービスです。
修理が発生した場合でも、修理代金が85%~100%(機種により異なる)還元されます。
また盗難・紛失・全損した場合でも会員価格で同一機種に機種変更できます。「もしも・・」の時の備えにご対応できます。

参照:「あんしん保証パック(i)プラス」と「AppleCare+」との違いについて教えてください。 | モバイル | ソフトバンク

月額料金は、500円(税抜)。
「あんしん保証パック(i)」は一度、自分でApple Storeへ持ち込み修理をしてお金がかかる修理になった場合、修理明細などをショップに持って行くとそのうちの80〜100%の修理代金を還元してくれるというもの。ただ、個人的には二度手間になるので「あんしん保証パック(i)」はおすすめしない。


「あんしん保証パック(i)プラス」

「あんしん保証パック(i)プラス」は、「あんしん保証パック(i)」のサービスに加えて、スマートフォンを含む身の回りのデジタル製品のさまざまな“困った”にスタッフが電話サポート、遠隔サポート、出張サポートでお応えする「ケータイなんでもサポート」がご利用できます。

参照:[iPhone/iPad]「あんしん保証パック(i)」/「あんしん保証パック(i)プラス」で保証を受けるにはどのような手続きが必要ですか? | モバイル | ソフトバンク

月額料金は、650円(税抜)。

「あんしん保証パック(i)」と「あんしん保証パック(i)プラス」の違いは?
「あんしん保証パック(i)」は、iPhoneの破損、水没時、紛失時のみの補償。「あんしん保証パック(i)プラス」は、それに加え電話サポートや遠隔サポートなどが付いているので、スマホ初心者であれば必要かもしれないが、操作に問題なければ「あんしん保証パック(i)」のみにしておこう。


「AppleCare+」

アップルが提供する保証期間を2年に延長できるサービスです。
iPhone/iPad 本体の製品保証を長く受けたいというお客さまにおすすめです。また「iPhone/iPad を落としてしまい、修理が必要・・」といった場合でも2回まで4,400円(税込)~7,800円(税込)(機種により異なる)で修理を受けられます。

参照:「あんしん保証パック(i)プラス」と「AppleCare+」との違いについて教えてください。 | モバイル | ソフトバンク

月額料金は、576円(税抜)。
こちらはAppleが提供しているもの。正直、無難に「AppleCare+」が一番いいと思います。

■「AppleCare+」の分割払い
「AppleCare+」の分割金を解約した月までのご請求

■「AppleCare+」の保証
「AppleCare+」の分割金を解約した日まで

■「AppleCare+」の解約
【My SoftBankでの解約方法】
途中でログイン画面やパスワードの入力画面が表示された場合、画面に沿ってお進みください。

1.解約する iPhone もしくは iPad のお電話番号でMy SoftBankへアクセス(My SoftBankはこちら)
2.「AppleCare+」の項目で「変更」を選択
3.画面に沿ってお進みください

【ソフトバンクショップでの解約方法】
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類(その他の本人確認書類はこちら)をご用意のうえ、ご来店ください。
お近くのソフトバンクショップはこちらから検索できます。

参照:[AppleCare+]保証が不要になりました。分割払いを途中で解約できますか? | モバイル | ソフトバンク

※「AppleCare+」の解約は、docomo同様ネットもしくはショップで可能。

最後に・・・
Apple Storeで直接加入できる保証もある!

Apple Store

「AppleCare+」

こちらはApple Storeでのみ加入が可能な補償サービスです。
保証対象となるiPhoneの購入日から30日間以内のみ購入可能です。
お支払いは、クレジットカード12,800円(税抜)の一括払いのみなので注意が必要!

まとめ

以上が各キャリア+Apple Storeの補償サービスでした。
せっかく購入したiPhoneを守るためにも補償サービスをしっかりと理解しておかないといざという時に痛い目にあいます。
個人的には、各キャリアで用意されている「AppleCare+」が良いのではないかと思います。
一年に一度iPhoneを買い換える方であればApple Storeで一括払いの「AppleCare+」はもったいないですね。
ではでは

[asin:B00O06MO7M:detail]

Copyright © 2016 TheGadgetMission All rights reserved.