amzn_assoc_ad_type = "link_enhancement_widget"; amzn_assoc_tracking_id = "cheeeehonz-22"; amzn_assoc_placement = ""; amzn_assoc_marketplace = "amazon"; amzn_assoc_region = "JP";

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジェットミッション

ありとあらゆる情報に挑む,ガジェットブログ

全てにおいて洗練された『Xperia X Performance 502SO』をお借りして外観・使用感レビュー! #Xperiaアンバサダー

ガジェットレビュー Android Android-XperiaXPerformance

全てにおいて洗練された『Xperia X Performance 502SO』をお借りして外観・使用感レビュー! #Xperiaアンバサダー

f:id:chehonz5:20160610095840j:plain

先日、行われたXperiaアンバサダーミーティングで『Xperia X Performance 502SO』をお借りしました。『Xperia X Performance 』は日本未発売の夏モデルで、日本ではdocomo・au・SoftBankから発売予定です。今回、Xperiaアンバサダーでお借りしたのは、SoftBankから発売予定のモデルです。基本的なスペックは、国内モデルで大体統一されていますがプリインストールされているアプリがキャリアごとに異なります。

国内未発売モデルを使わせてもらえるのは非常に光栄であり、貸し出してくれるのは凄く好印象。それだけ日本国内に力を入れてくれているのは嬉しいですね。

今回の『Xperia X Performance 』は、「Xperia Z5」と比べると性能・機能性はしっかりと進化しています。今回は、見た目のデザイン変更もあり非常にコンパクトかつ持ちやすいデザインです。では、『Xperia X Performance 』のレビューをどうぞ・・・

『Xperia X Performance 502SO』の外観レビュー・使用感

『Xperia X Performance 502SO』の外観レビュー


今回はおサイフケータイFeliCaの位置がフロントパネル上部にあります。
f:id:chehonz5:20160610095848j:plain
上部にあると決済がしやすくていいですよね。
f:id:chehonz5:20160610100030j:plain

f:id:chehonz5:20160610100035j:plain
f:id:chehonz5:20160610100038j:plain
フロントパネルが「iPhone6/6s」のように僅かにラウンドしています。
ガラスフィルム等の保護フィルムは浮いてきてしまわないか心配。

フロント上部
f:id:chehonz5:20160610095903j:plain
フロント下部
f:id:chehonz5:20160610095855j:plain

背面
f:id:chehonz5:20160610095938j:plain
海外版は、背面がすべてヘアライン加工が施されていますが、日本国内版は背面下部が取って付けたようなパネルになっています。(笑)日本国内で発売する基準は他国に比べると厳しいようで、どうしても背面下部のデザイン変える必要があったそうです。

日本でこれが発表がされた時に、パンツを履いているようなデザインと話題にもなっていましたが、使ってみると実際はあまり気になりません。またケース等を付けたら分からなくなるのでそれほど大きな問題ではないと思います。

むしろ、安定したサービスを受けれると考えたらいいですよ!(笑)

背面上部
f:id:chehonz5:20160610095910j:plain

背面下部
f:id:chehonz5:20160610095957j:plain
f:id:chehonz5:20160610100009j:plain

メタル調がカッコ(・∀・)イイ!!
Xperiaのロゴは彫ってあるのでオシャレですね。
触り心地が最高です。

背面カメラ
f:id:chehonz5:20160610100002j:plain
毎回思いますが、Xperiaのカメラは出っ張りがない!
ココはもっと評価されるべきだと思います。
「iPhone」や「Galaxy」はあっさりカメラが出っ張っていいますよね。

今回の『Xperia X Performance 』でもカメラの出っ張りがないのでデザインに統一感が出てますよね。

側面
f:id:chehonz5:20160610100016j:plain
電源ボタン、音量ボタン、クイックカメラ
f:id:chehonz5:20160610100021j:plain
SIMスロットとSDカード入れは左側に

USBコネクタ
f:id:chehonz5:20160610100026j:plain
充電は下部から、type-Cの採用はありませんでした。

『Xperia X Performance 502SO』使用感は?

f:id:chehonz5:20160610100042j:plain

『Xperia X Performance 502SO』を使ってみた感想は、全体的にバランスが取れている機種だと思いました。タッチ操作の感度、レスポンスも非常に良くなっています。『Xperia X Performance 502SO』は、RAM3GBと今回の夏モデルと比較すると劣るように見えますが、開発者の方が正直RAM3GBで十分だという判断になったようです。実際に、使うと確かにサクサク動いているので問題ありません。

f:id:chehonz5:20160610100048j:plain
カメラについては、色々と酷評されていますが個人的にはそこまで悪くないのでは?と思います。もちろん、個体差があるかもしれないのと今回お借りしているのが試作機であるということもあるので、公式の製品でも購入時に確認するのをお勧めします。

カメラ部分で注目したいのが、先読みオートフォーカスこれにより奥から手前に向かってくるような動きをするものでもブレなく写真を撮ることが出来ます。例えば、動物などを撮影するときにも役立ちますよね。

また、インカメラも非常に強化されています。22mmの広角レンズを搭載しているので大人数の撮影時にも簡単に撮影可能。写真が綺麗に撮れるのでお勧めです。


▼ SoftBank『Xperia X Performance 502SO』本体価格

f:id:chehonz5:20160610191733j:plain

上記は、SoftBank『Xperia X Performance 502SO』本体価格です。

『Xperia X Performance 502SO』

最後に、『Xperia X Performance 502SO』は最新技術がすべて詰まった洗練されたモデルに仕上がっています。是非一度手にとってお試しください!上記、内容には記載が無いですが実は個人的に一番驚いたのが画面の綺麗さ。是非一度、「Xperia Z5」と比較して見て下さい!驚きますよ。

▼ 『Xperia X Performance』タッチ&トライアンバサダーミーティング in 名古屋に参加してきました #Xperiaアンバサダー
http://www.gadget-mission.com/entry/xperiaxperformance-ambassador/

Copyright © 2016 TheGadgetMission All rights reserved.